ジェネリックについて

ジェネリックについて

さてさて、カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品になる。
では、ジェネリック医薬品とは何なのか?
個人輸入代行とはどういうものなのか?

など、小生「カマグラおやじ」が簡単に説明しようッ!

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売され、規定の試験によって、厚生労働省の認可を得て、新薬と同じ有効成分・品質・効き目・安全性が同等であると認められた薬である。
安全性に関しては、国が定める厳しい規制や基準をクリアしているので安全だと言える。

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分、効果がありながら、価格が安いので、購入者の経済的負担も軽減されるッ。

なぜ安いかというと、新薬に比べて開発費や販売費、宣伝費を抑えることができるからだ。
新薬の開発には、多くの歳月と莫大な費用がかかる。

その額は数十億円とも言われているよ。

一方、ジェネリック医薬品は、すでに新薬で有効性や安全性が確認されている成分を使用しているので、短い期間での開発が可能になり、価格を抑えることができるというわけだ。

なお、ジェネリック医薬品の場合、最新の製剤技術によって飲みやすさ、扱いやすさなど、様々な工夫が施されたものもあり、購入者の希望に沿った使い勝手の良い薬と言えるな。

製造・販売について

現在、インドではジェネリック医薬品の約20%を製造・販売しており、インド製のジェネリック医薬品が世界的に拡大しているんだ。
その一番の理由は、貧しい発展途上国にとって価格の安いジェネリック医薬品は必要不可欠だからだッ。

もし、インドがジェネリック医薬品の製造・販売から手を引いてしまったなら、発展途上国の病気やケガに苦しむ人達はどうなるのだろうか。
言うまでもないだろう。

個人輸入代行について

個人輸入代行業者とは、個人輸入に関わる手続きの代行を行い、注文・支払い・通関・配送などの手配をする業者のことだ。

近年のインターネットの普及に伴い、ED治療薬のネット注文を受ける業者も多い。

セット販売など、それぞれが独自の特徴を出し、販売競争を勝ち抜こうとしている。
ED治療薬を注文する人のリスクとデメリットを考えてみよう。

  • 希望する商品が本物か
  • 期待通りの効果があるのか
  • 商品がちゃんと届くのか
  • 値段は高くないのか

等々、心配の種は尽きない。

ED治療薬の個人輸入が危険

こんな資料がある。
「偽造医薬品四社合同調査結果」によると、ED治療薬のインターネット流通の55.4%(日本:43.6%、タイ:67.8%)が偽造品だったという。
偽造品の品質にはバラつきが見られ、医薬品成分の含有量が承認されている用量より多い・少ないだけでなく、全く含有されていないもの、他の成分や複数の不純物が含まれているものもあったという。
EDに悩み苦しむ人にとって、このような偽造品をつかまされ、期待した効果が得られなかったなどの悲劇が起こらないことを願うばかりだ。

人の弱みに付け込む悪徳業者にはくれぐれも注意してほしいッ!

個人輸入代行を安全に利用するには、実績のある業者を選ぶより手段がない。
とは言っても、「言うは易し」で、これほど多く業者が林立(乱立)していると、選択にも苦慮する。
それでも、ネット上に記載されている治療薬の成分分析、効果・効能、用法・容量、価格の詳細、口コミ・体験談の評価などを参考にして、実績のあるサイトを選ぶことが最善だろう。

個人輸入の規制(違法と合法)

医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器は、人の健康や身体等に直接影響するものであり、品質・有効性及び安全性について、科学的なデータ等に基づいて確認された製品だけが国内で流通するよう、薬事法によって厳しく規制されている。
一般の個人が輸入できる(いわゆる「個人輸入」)のは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を他の人に売ったり、譲ったりすること(転売譲渡)は認められない。
一般の個人が医薬品の輸入が可能になっているのは、外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、海外から旅行者が常備薬として携行する場合などへの配慮によるものである。

実績ある個人輸入代行を通販することは問題ないのだッ!

ジェネリック医薬品についてのまとめだ

いかがだったろうか?
もう一度おさらいしよう!

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、厚生労働省の認可を得て製造販売される、新薬と同じ有効成分を含む医薬品のことだ。 規定の試験(規格試験・安定性試験・生物学的同等性試験など)を受け、その効果の同等性が認められているので、使用に関しては問題ないので安心してほしい。
おまけに、新薬よりも価格が安く、自己負担が軽くなる。
ジェネリック医薬品には、新しい技術が活かされ、味や飲みやすさ、使用感が改良・改善されているものもあり、ユーザーにとっては有り難い。

少子高齢化が急速に進む現在、医療保険制度を維持するためにも、ジェネリック医薬品の使用は欠かせないだろう。

そんな小生「カマグラおやじ」は、今宵もカマグラゴールドと妻と共に夜へ更けてゆくのであるッ!